デンタルニュース

喫煙者のお口の特徴

5月31日は世界禁煙デーです。
世界保健機関(WHO)により定められ、タバコフリー(たばこから解放された)社会を目指し、世界中でキャンペーンが行われます。
タバコの煙には200以上の有害物質が含まれており、喫煙習慣は『百害あって一利なし』と言われるほど様々な健康被害をもたらします。

最近では、喫煙者は新型コロナウイルスによる肺炎にかかりやすとの報告もあります。
お口の中はタバコの煙が最初に入ってくる場所ですので大きな影響があります。
今回は喫煙者によってお口のなかがどうなるのかを考えてみましょう。

喫煙者のお口の特徴

歯周病

歯周病が喫煙と関連性が強いことは多くの研究により発表されています。
喫煙は糖尿病と並んで歯周病の二大危険因子です。
歯周病とは、お口の中の細菌によって歯を支えている歯茎や歯槽骨が炎症を起こし、やがて歯を支える骨を溶かして結果的に歯を失う原因となる恐ろしい病気です。
タバコを吸うと、ニコチンの血流阻害作用で唾液の分泌が悪くなり、お口の中の自浄作用が弱まって歯垢(プラーク)や歯石がつきやすくなります。
さらに、血流が悪くなるため歯茎に栄養が行き届かなくなり、歯茎からの出血が血管萎縮作用で止められてしまうため、歯周病に気づきにくくなります。

さらに、タバコに含まれる有害物質の影響で身体の免疫力が下り、糖尿病や心疾患、アルツハイマー性認知症などにかかりやすくなります。
まさに負のスパイラルです。

口臭

タバコの煙に含まれる成分のうち、タールは“ヤニ”とも呼ばれています。
油分を含んでいるため、歯や舌に絡みつくように付着し、口腔内にとどまらず肺の内部からもタバコ特有の臭いを発する原因になります。
また、ニコチンにより唾液の分泌が抑制されるので、お口の自浄作用が働かなくなり、口臭が発生しやすくなって悪臭を放ちます。

見た目の変化

歯にタールが付着すると、歯は茶色く着色します。
これは歯磨きでは落とせません。
さらに、血管が収縮し、歯肉は不健康な暗紫色になります。
さらに、タバコの有害物質から歯茎を守るためにメラニン色素が作られ、沈着して歯茎や唇の色が黒ずみます。

禁煙しよう

タバコの煙は、タバコを吸う人が吸う「主流煙」と、火のついた先から立ち上る「副流煙」に分かれます。
副流煙にも有害成分が含まれていて、ニコチン、タール、一酸化炭素などの成分は主流煙よりも多いといわれています。

タバコは周囲の人の健康まで奪うのです。
最近ではさまざまな禁煙方法があります。

是非、ご自身や周りの人の健康のために禁煙しましょう。

2021-04-15 | Posted in デンタルニュースComments Closed 

 

マスクの下、お口が開いていませんか?

突然ですが、今付けているマスクの下、お口が開いていませんか?
マスクをしていると息苦しかったり、人から見られていない安心から、無意識に口が開いて口呼吸になっている方が多いようです。
また、コロナ禍で人との会話が減ると、お口の筋力が弱くなり、様々な影響が出る恐れがあります。

マスク生活で口を開いていると、こんな影響が!

虫歯や歯周病に罹りやすくなる

マスク生活で長時間口呼吸になると、お口の中が乾燥し、虫歯や歯周病菌が活動しやすい環境になってしまいます。
また、乾燥したお口は、口臭の原因にもなります。

歯並びが悪くなる

いつも口が開いていると、口周りの筋肉も自然に衰えてきます。
その結果、出っ歯になったり歯並びが崩れてしまう恐れがあります。

老け顔になる

口をいつも開けていると、口角が下がり、表情筋が衰えます。
法令線が目立ち、頬が落ち、表情が暗くなってしまいます。

オーラルフレイルが加速する

オーラルフレイルとは、かたい物が食べづらくなったり滑舌が悪くなるなど、加齢に伴うお口の衰えで栄養不足や気持ちの落ち込みなどを引き起こす現象や、その過程のことを言います。
マスクによりお口の周りの筋力が低下し、この現象の進行が加速してしまう恐れがあります。

生活に取り入れられる対策

日常生活に取り入れられる対策で、表情筋を鍛えましょう!

ぶくぶくうがい

お口のなかに大さじ一杯程度の水を含み、頬を膨らませた後すぼめる動きを1分程度行いましょう。
マウスウォッシュの使用もお勧めです。

パタカラ体操

「パ」「タ」「カ」「ラ」の発音でお口を鍛えることができます。
「ラ」の発音は舌全体を上下にしっかり動かします。
「パパパ、タタタ、カカカ、ラララ」そして「パタカラ、パタカラ、パタカラ・・・」と続けて発音しましょう。
パタカラ体操のトレーニングアプリやYouTubeのやり方紹介動画などもありますので、上手に活用してみてください。

良く噛んで食べる

よく噛んで食べることもお口の運動です。お口周りの筋肉を鍛えるだけでなく、唾液の分泌をよくするなどの効果もあります。
噛み応えのある食材を上手く取り入れて、自然に噛む食事を取り入れましょう。

2021-03-17 | Posted in デンタルニュースComments Closed 

 

予防歯科の4つのメリット

予防歯科先進国スウェーデンと日本の差とは?

北欧の国、スウェーデンは予防歯科の先進国として知られています。
昔は日本同様、多くの国民が虫歯や歯周病に悩まされていましたが、国を挙げての一大プロジェクトとして予防歯科をすすめ、現在は、世界で最も歯科疾患が少ない国と言われています。

厚生労働省発表2018年度歯科疾患実態調査の年代別残存歯数によると、スウェーデンでは80歳で21本残っているのに対し、日本は13本でした。8本もの差があります。
要因は、スウェーデンは子供のころから予防歯科の習慣があることでしょう。
なんと国民の98%が予防歯科を受けているのに対し、日本はまだ2%の人しか予防歯科を受けていません。

予防歯科を受ける4つのメリット

健康な歯を長く維持し続けられる

一度失った歯は二度と取り戻すことはできません。
定期的に歯科に通うことで、早期の異常にもすぐに対処ができ、歯のダメージを最小限に抑えることができます。

治療の痛みを抑えられる

予防歯科は、歯を丁寧にクリーニングする処置ですので基本的に痛みは伴いません。
痛みが怖い人こそ、予防歯科を受けましょう。

生涯医療費を抑えることができる

年齢を重ねるにつれてかかる医療費は高くなっていきますが、定期的に歯科を受診している人は、49歳以降の医科を含めた医療費が安くなるという調査結果があります。
予防歯科で糖尿病など全身の病気を防ぐことができるので、生涯にかかる医療費支出が抑えられます。

全身の健康に繋がる

20際以上の8割の人が罹っていると言われている歯周病は、歯を失うだけでなく、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・アルツハイマー性認知症・早産・誤嚥性肺炎・骨粗鬆症・メタボリックシンドロームなど、全身のあらゆる病気との関連があります。
予防歯科で歯周病を予防することで、全身の健康にも繋がります。

当院の予防歯科メニュー(保険適用)

歯周病重症化予防治療(P重防)

歯周ポケット3㎜以下の軽症の患者さん用です。
歯周病を予防するため、歯石除去、口腔内クリーニングとフッ素塗布を行います。
保険適用で、3ヶ月ごとにご来院いただきます。

歯周病安定期治療(SPT)

4㎜以上の歯周ポケットがある患者さんのための医学管理です。
保険適用です。歯周病の重症化を防止するため、重度の方には毎月ご来院いただいて、症状によって必要な処置を実施します。
糖尿病などの疾患予防にもつながる大切な処置です。
予防歯科に通って生涯ご自身の歯で健康に過ごして頂きたいと心より思っております。

2021-02-16 | Posted in デンタルニュースComments Closed 

 

ホワイトニングで明るい笑顔を手に入れよう!

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、歯を削ることなく薬剤を用いて歯を白くする処置のことです。
当院では、医院で短時間に行うオフィスホワイトニング、ご自宅で自分のペースで行うホームホワイトニングを行っています。

真っ白にはできませんが、歯の色のチャートで5段階程度は白くなります。
歯が白くなると「レフ板効果」でお顔が明るく見えます。
口元が若くなり健康的に見えます。
清潔感を印象づけることもできます。

鏡を見るのがうれしくなりますよ!一度試してはいかがでしょうか?

歯の黄ばみの種類と原因とは?

食べ物による着色(ステイン)

コーヒーや紅茶、赤ワインなどの飲食物や、たばこのヤニなどが歯に付着する汚れによる着色です。
ステイン除去効果のある歯磨き粉を使えばある程度除去できます。

また、歯科医院で歯科衛生士に歯を徹底的にクリーニングしてもらうと完全に除去することができます。

歯の内部の黄ばみ

歯は、エナメル質、象牙質、神経という3つの構造からなっています。
エナメル質は半透明で、歯の色は象牙質の色に左右されます。
象牙質の色には肌や髪の色と同じように個人差があり、生まれつき白っぽい人もいれば黄色味を帯びた人もいます。

加齢によりエナメル質が薄くなると、象牙質がより透けて見えるので、お年寄りの歯は黄ばんで見えるのです。

ホワイトニングではどうやって歯を白くするの?

①色素を分解する
歯科専用のホワイトニング剤に含まれる過酸化水素が歯の内部に浸透し、色素と反応し分解します。
これにより、歯の黄ばみが漂白され白くなります。

②光を反射させる効果
ホワイトニング剤が歯の表面の組織構造を曇りガラス状に変化させることで、光の乱反射が発生し、黄ばみが白く見えます。

セルフホワイトニングサロンと歯科医院でのホワイトニングとの違い

最近、エステサロンでのセルフホワイトニングが増えています。
手軽さや安さで人気があるようですが、白くならなかったという声もよくお聞きします。
歯科医院のホワイトニングで白くなるのは、エステでは扱えない医薬品や医療機器を使っているからです。

歯の色を白く明るくしたい方は、ぜひ一度、当院のホワイトニングをお試しください。

2021-01-18 | Posted in デンタルニュースComments Closed 

 

金パラって知ってますか?

金パラとは?

金パラとは「歯科鋳造用12%金銀パラジウム合金」の略語です。
主に、保険治療で使用する銀歯のことで、クラウン(被せ物)やインレー(詰め物)、ブリッジやクラスプ(入れ歯の止め金)に使用されます。
皆さんには銀歯の材料と言った方が分かり易いかもしれません。

金パラ製品は成分含有率が必ず
①金12%
②パラジウム20%
であることと【JIS規格】で定められています。

最近はパラジウムが高騰して金よりも高くなっており、歯科医院を困らせています。
その他の成分は、銀がおおよそ50%前後、銅が20%前後、さらにインジウム・イリジウムなどが含まれることがあります。

お口の中は過酷な環境!?

金属はさびやすく、長期間使用すれば変形や劣化をまぬがれない物質です。
さらにお口の中は、高温から低温の温度変化、酸っぱい酢酸やクエン酸、甘いもの・辛いものなど様々な物質が通り過ぎて行く化学的な変化もある超過酷な環境にあります。

このような厳しい環境に置かれた金パラは、通常よりも早く劣化し、腐食して少しずつ溶け出します。
しっかりと治療をしても、溶け出した隙間にむし歯菌などの細菌が入り込んでむし歯の原因となり、5年ぐらいで詰め物の下に二次的なむし歯ができることがあります。

また、溶け出した金属イオンが体の中に入ると、金属アレルギーを引き起こすこともあります。

メタルフリー治療をお勧めします。

メタルフリー治療とは、セラミックなどを使用した金属を使わない治療のことです。
白い歯で、金属アレルギーの心配もありません。

メタルフリー治療で主に使用される材料は次のとおりです。

陶材:ポーセレン
ジルコニア:非常に強度が高く美しい素材です。
リチウムガラス:キャスタブルセラミック( Eマックスという商品名で知られています)

当院ではしっかりとカウンセリングの時間をとり、患者さまのご希望をお聞きして最適な治療をご提案いたします。
メタルフリー治療についても人形町の笠原歯科にお気軽にご相談ください。

2020-11-16 | Posted in デンタルニュースComments Closed 

 

歯に関する豆知識、ウソ!?ホント!

歯にも血管が通っている!?

→ホント!
歯や歯を支える歯ぐきにも栄養が必要なので、歯の中心部分の歯髄という部分に血管と神経が通っています。
神経を抜いた歯は、歯の血流が止まり、歯は乾燥して枯れ木のような状態になり、折れやすくなります。虫歯が神経に達することがないよう、虫歯予防に努めましょう!

歯垢は丁寧な歯磨きで落ちる

→ウソ!
毎日、毎食後の歯磨きは虫歯予防の第一歩です。しかし残念ながら歯磨きだけでは歯垢は落としきれません。「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」も取り入れて、歯の隙間や、奥に詰まった汚れを都度流す習慣をつけましょう。また、3ヶ月に一度は歯科医院でのプロの手で歯石や歯垢を除去してもらいましょう。

モーツァルトは歯に関する曲を作曲している

→ホント!
誰でも一度は名前を聞いたことのあるほど有名な作曲家モーツァルトは晩年、歯の痛みに悩まされ「砕け凍った歯が」という曲を作曲しています。それにしても、歯の痛みがどれだけ辛かったのか想像できるタイトルですね。

世界で最も患者数の多い病気は歯周病!?

→ホント!
「世界で最も患者数の多い病気」として、「ギネスブック」に2001年に掲載されました。何と日本の成人の8割以上に歯周病の症状があると言われています。
歯周病は、歯周病菌により歯周組織が破壊され、やがて抜けてしまうだけでなく、糖尿病、脳血管疾患、 狭心症・心筋梗塞、動脈硬化など、全身の様々な疾患と関係があると言われている恐ろしい病気です。

歯はダイヤモンドで削っている!?

→ホント!
ダイヤモンドは、この世の中で最も硬い物質としても知られており、ガラスの切断など、いろいろな切削器具に利用されています。
歯の表面をおおっているエナメル質は水晶と同じくらい硬いため、私たち歯科医師が歯を削るときにも、ダイヤモンドが使われています。

2020-03-17 | Posted in デンタルニュースComments Closed 

 

ブラキシズム、クレンチングってなに?

ストレスの多い現代社会ですが、食いしばりについて気にしたことはありますか? 

寝ている間の歯ぎしりをブラキシズムと呼び、仕事中や起きているときの噛み締めをクレンチングと呼びます。
このような歯ぎしり、食いしばりをしていると思い当たる人は決して少なくないと思います。

お口に現れるサイン

このような癖は特別なことではなくよくあるので、検診などお口の中をチェックするタイミングで指摘を受けたり、家族から歯ぎしりの音がすると注意されて気づくケースもあるでしょう。

歯ぎしりをする人は、上下の歯がこすられてできる水平の減りがみられることがあります。

また頬の内側に横に白い線が見えることもあります。これは癖になっている食いしばりのためお口の中に噛み締められた歯の形に沿って白い線が現れます。

また日頃の食いしばりや歯ぎしりのため、歯が欠けたり被せ物や詰め物が何度も外れたりすることがあります。

歯ぎしりについて詳しく

歯ぎしりは特別なことではないですが、歯が擦り減るまでやってしまい、疲労感が残るような場合は、その回数や時間、強さの度合いに問題があります。

通常の歯ぎしりは長くても10分未満で体重と同程度の力をかけて擦り合わせるのだと言われています。
しかし、ブラキシズムが常習になってしまっている方はその時間が1時間を超し、その力も体重の10倍に及ぶという報告もあります。

試しに故意にあの音を出そうとしても、歯ぎしりの音はなかなか出ないもので、いかに想像以上の力をかけているかということがわかると思います。

他にも起床時に頬の筋肉の疲労を感じる人がいます。夜寝ている間の歯ぎしりや、くいしばりの癖によるものです。

筋肉疲労から口を開けづらくなったり、起きているときのくいしばりのため、肩凝り、頭痛の症状を引き起こしたりします。

緊張した口輪筋のため、唾液の分泌が減ったり、力のかかり過ぎによって神経が刺激され、歯ぐきや歯の違和感を覚えるケースがあります。

顎関節症、無呼吸症候群との関連もあり、成人の方からは閉じにくい、音がするなどの顎の不調の訴えをよく耳にします。

このような癖はどうしたらいい?

無意識な癖のため対策も大変ですが、まずは予防策として習癖の起きる時間にマウスピースをする方法があります。
歯の破折を防ぎ、顎を守るために一時的でも効果があります。

また浅い睡眠時に歯ぎしりが起こりやすいとされているので、浅い眠りになりやすいお酒や喫煙を控えるのも良いようです。

寝る前にリラックスできる方法を取り入れて、なるべく深い眠りにつけるようしたいですね。

仕事中や勉強中はなるべく上と下の歯が噛みしめ合わないように意識をして、気づいたら歯を離すなどの工夫も良いと言われます。

無意識にこのような癖がないかどうか、ご自身でチェックしたり、人形町にある当医院で口腔内をチェックしてみてください。

2019-12-06 | Posted in デンタルニュースComments Closed 

 

非常時に知っておきたいお口のはなし

非常食を用意したり避難場所を調べるなど災害への備えが大切だと実感する昨今ですが、準備はできていますか?
非常時にも健康維持のための備品、特にお口に関してどのような準備ができるかお伝えします。

非常時備品にお口のケアグッズも

非常時には、まず食べるもの、飲むものなど命をつなぐものを、と考えますが災害が長引くと健康上の問題も遅れて出てきます。
常備薬やお薬手帳など、まずは疾患に対するものは必要となります。
健康維持のための備品も用意できれば安心ですが、特に口の中の健康維持となると後回しにされがちです。

災害時に起きうるお口のトラブル
まず災害時に、お口の中はどのようなことが起きやすいのでしょうか。
命が助かり、食べるものが確保できれば身の回りのことも時間とともに考えていかなければなりません。
非常時でなくても、数日歯を磨かなければ歯ぐきの腫れや出血などが起きやすくなり、義歯を入れている人であれば義歯を毎日洗浄するなどのケアは必須です。
当然、歯ブラシや歯磨き粉などの物資が不足すれば口腔内の環境はたちまち不良となりトラブルが起きやすくなります。

それでなくても非常時の環境下によるストレスや、水分・栄養の不足はお口の中の違和感や症状の悪化を加速させてしまいます。
ストレスにより緊張が続いたお口は唾液が減るので、お口の乾燥から義歯の不具合や歯ぐきの違和感や痛みを感じやすくなります。
また過去の災害からの報告例によると強いストレスにさらされた口腔内では沢山の酵素を含む唾液が減るので虫歯になりやすいと言われています。

医薬品の備えとともにお口のケア用品

お薬の備えとともに、必要だと言われているのが口腔ケア用品です。
優先順位は低めで忘れられがちですが、ぜひ今からでも用意をしてほしいものを挙げるとハブラシ、コップ、歯磨き粉や義歯用洗浄剤、洗口剤などです。
家族の人数分のハブラシはまず第一に用意しておきたいものです。

余裕があれば歯磨き粉も用意できると良いのですが、水が不足しているときにはお口をゆすぐ為の水の確保すら難しいとされています。
状況に応じて使えない場合もある、ということを考えておく必要がありそうですね。

備えには洗口液が便利です。
口をゆすぐための水が不要だという実際の経験談から、自治体で用意を検討してい
るところも増えています。
義歯を入れている方は、義歯用洗浄剤も多めに用意しておくと良いですね。

災害に備えた準備をする時には、是非お口の中のケア用品も忘れずにご用意ください。

2019-10-18 | Posted in デンタルニュースComments Closed 

 

「診療所あれこれ」

歯科医院に行き診療台に案内され診療を待つ間、診療室の奥はどうなっているのか、どんな作業が行われているのか興味がありませんか?

歯科衛生士の卵が実習に行ったり、医院内の見学ができるチャンスがあると、診療室だけでなくその裏を見せてもらえることがあります。
実際に診療室以外には何があってどんなことをしているのでしょうか。

主に皆さんをお迎えする受付、待合室、診療室、レントゲン室、お手洗いなどは見ることができる場所ですね。
最近はキッズルームがあったり、個室、予防専用ルームやカウンセリングコーナーを設置する医院も増えています。

一昔前では考えられませんでしたが、今やユニットごとにテレビが設置されていたり、レントゲンもほとんど現像作業など必要なく手元に画像が送れるようになりました。
歯科医院の設備も時代とともに随分と進化を遂げています。

診療に必要なものが管理されている場所や滅菌消毒コーナーなどはなかなか入ることはないでしょう。
そこには滅菌器や洗浄器等の機材が置かれ、機械音が聞こえてきたら、これらの作動アラームかもしれません。

また歯科で使う材料は冷蔵庫保管のものもあるので、時々冷蔵庫を開け閉めするような音が聞こえることがあるかもしれません。
細かな器材や薬品なども多く保管されていますので、新卒の衛生士さんや新しいスタッフなどはその置き場所を覚えるのも一苦労です。

医院ではゴミの分類も大変です。
血液の付いたものや注射針、メスなどの医療廃棄物や金属は専門の業者が専用容器で回収に来ます。手袋はゴム製やニトリル製で、分別にも気を遣っています。
エプロンやコップなどの紙ゴミも少なくなく、それらの置き場も確保しないとけません。

スタッフの休憩室や院長室、在庫ルーム、またオペ室や業者が出入りする裏口があったりすることもあります。

お口の型採りをしたら石膏を注いだり加工作業をする技工室という部屋やコーナーもあります。
時々技工士さんがいる歯科医院もあります。

カルテの保管も義務付けられていますので、電子カルテ化した現在も紙に印刷したものを保管しているコーナーや、お口の記録として採得した石膏模型も保管しています。

なかなか目にできない場所ですが、歯科医院においてはどれも無くてはならないスペースなのです。

守秘義務またはプライバシー保護の観点から、診療も個室が好まれたり、個室で無くても衝立は欠かせなくなってきました。
その分見えるところが少なく、スタッフがものを取りに行ったり、動作があるたび気になるものですよね。

人形町で働く私たちも不安を与えることのないよう、お声がけするなどご理解いただくように心がけています。

2019-09-20 | Posted in デンタルニュースComments Closed 

 

歯の間にモノが挟まるときは?

お悩みを聞くと歯と歯の間に、ものがはさまるとよく聞きます。
前はそんなことなかったのに、と言われますが、どうしてものが挟まるようになってしまうのでしょうか。

歯と歯は適度に点接触で隣の歯とコンタクトしている状態が理想になります。
そのおかげで歯が倒れたり動くことがないように保たれています。
従って隣にあるべき歯が抜けてしまったり、高さが確保できず接触するべき部分を失った歯の場合は倒れたり動いてしまうことがよくあります。

毎日の食事や社会でのストレスで強い力で噛みしめているために、思っている以上に歯は強い力を受けているのですね。

そのため隣接する歯との接触は実は非常に大切です。

新しい被せ物をしてから食べ物が挟まりやすくなってしまうケースや歯周病が進んで歯茎が下がったりすると、前述のようなお悩み、歯にものが挟まるということが起きることがあります。

新しい被せ物をした時は、どうしても人工のものを作り上げる為、天然のご自身の歯と同じような接触点が得られなかった場合に挟まりが起きてきます。
技工物(新しい金属やセラミックなどの被せ物)が出来上がるまでの期間に歯が動いてしまったり若干の歪みから生ずる誤差に依るものが原因として挙げられます。

被せ物を作りかえると問題が治まることもありますが、かぶせ直しにはリスクもあるためよく相談してから再治療をすると良いでしょう。

歯と歯の隣接部の虫歯で、虫歯にできた穴に食物が挟まります。虫歯以外では歯と歯の間に隙間がある場合、及び歯が動揺するために、歯の間に物が挟まりやすい状況になります。

また歯周病により腫れた歯ぐきは緩みがあるために歯がしっかりと支えられず僅かに動揺してしまいます。
そこに咬合力が加わると食べ物が押し込まれたり挟み込んでしまうことが起きるのですね。

このようなお悩みは割と多く聞かれることなので、あまり深刻に悩むことはないと思います。

動揺を僅かながら抑える方法や歯ぐきの炎症をおさえるよう予防治療をしていけば症状が落ち着いていくこともあります。

日々の生活に食事は欠かせないものですから、むしろ何かが挟まったらすぐに取り除き対処することを心がけるのがよいのではないでしょうか。

挟まったままにしておくと、食べカスに細菌が繁殖してくるので、歯ぐきが腫れたり口臭の原因になる前に食後早めにケアをしておくことをおすすめします。

楊枝を使わずに糸ようじ、デンタルフロスや歯間ブラシを持ち歩いてお手洗いで食後ケアしているという方も案外多いです。

2019-08-31 | Posted in デンタルニュースComments Closed