デンタルニュース

歯の汚れ

歯の汚れ、気になりませんか
近頃、芸能人の歯が白くてびっくりすることがありますが、白い歯にあこがれる人は多いのではないでしょうか。
イメージも清潔感があるようにみえたり、健康的に感じますよね。
歯の悩みでも、歯並びだけでなく、歯の黄ばみや、汚れを訴える患者さまが少なくありません。
歯の黄ばみや、汚れについて考えてみましょう。
歯の汚れ
歯の色について
歯の色について悩んでいる方のその原因はいろいろと考えられます。
おもに、外からの着色汚れと、歯の内側からの変色と二つに分けることができます。
歯の内側からの色は歯の神経の状態によるものや、先天的なものなどが挙げられます。
ドクターに何が歯の色の原因になっているのかを相談すればすっきりするでしょう。

外からの着色汚れは主にステインと呼んでいます。
原因としては、色のつきやすい食品、嗜好品によるものが考えられます。
たとえばコーヒーや紅茶、お茶、赤ワインなどのタンニンが着色していきます。
これらを飲んだ後の食器をすぐに洗えなかったとき、色が残ってしまったことはありませんか?
簡単に言うとそれと同じことがお口の中で起きた状態だということになります。
他にも煙草のヤニも着色の原因になり、プラークが多く着いたお口の中では色のついた歯石が硬く残ることもあります。

ステインがつく理由
ツルツルの歯の表面に色がいきなり着くわけではありません。
歯の表面はペリクルと呼ばれる薄い膜が存在しています。
これは食事をしていなくても存在していて、ここに汚れのもとになる色素が結合するのです。
くすみや黄ばみは、これが原因になっています。

ステインを取り除いて白い歯に
ステインを取るためはどうしたらいいのでしょうか。
時々、汚れが気になって、歯磨きを一生懸命して傷をつけてしまったという患者さまがいます。
強固な汚れのステインは歯科医院の専門の器具なら、あっという間に簡単に落とすことができます。
どうか、歯に傷をつけたりして削り落そうとしたりしないでくださいね。

ステインを防ぐには
ステインをできるだけ防いできれいな口元でいたいものですね。
食事や喫煙などでステインのつきやすい環境が思い当たる方は、まめに歯科医院でクリーニングをしてもらったり、避けられるものは回数を控えるなどの工夫をしてみてはどうでしょうか。
基本的には正しい歯磨きの仕方を身につけながらどうしてもついてしまう汚れをためないうちに歯科医院で取り除いていくのが最も良い方法だと言えるでしょう。
美しい歯で自信を持って笑えるように気をつけたいものですね。

2016-01-03 | Posted in デンタルニュースComments Closed 
リンク