デンタルニュース

歯とダイエット

歯とダイエット

気が付かない間に体重が増えている事はありませんか?
体型を元に戻したり、ダイエットするのは大変ですよね。
仕事をしながら、体を鍛えたり運動する事を続けるのは難しですよね。
ダイエットを考えて焦っているあなた!!歯とダイエットの関係について考えてみましょう。
食べ物をよく噛んで味わうことを咀嚼(そしゃく)と言いますが、これは私たちが生きていく上でとても大切なことです。
健康な良い歯で食べ物をしっかりとよく噛んで食べることは、全身の健康に大きな影響があり、ダイエットにも威力を発揮するのです。
いつもよく噛んでいれば、それだけで身体がしまってきますし、満腹感を得ることができるので食事量や間食も減ります。

また、代謝も改善され免疫力も高まります。
あごや歯を鍛えることで顔の運動にもなるので小顔効果もあります。

歯とダイエット

女王・卑弥呼

毎日の食事であなたはよく噛んで食べていますか?
現代の私たちは、忙しい日々を送っているために1回の食事にかける時間が減ってしまったり、軟らかい食べ物を好むようになりました。
邪馬台国の女王・卑弥呼の弥生時代と現代とを比較してみると、1回の食事で噛む回数が6分の1以下に減っていると言われています。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、よく噛むことの大切さと効能を知ってもらうために、学校食事研究会では、「卑弥呼の歯がいーぜ」という標語を掲げています。

食べ物をよく噛んで食べると、どんな良い事があるかみなさんも考えてみてください。

→肥満を防止する
よく噛めば、満腹中枢が働くため食べ過ぎがなくなるので肥満を防止する。
→味覚を発達させる
いろいろな種類の食べ物を食べることによって味覚が発達する。
→言葉の発音をはっきりさせる
歯並びがよくなり、あごが発達し、口の周りの筋肉が発達するので発音がよくなる。
→脳を発達させる
あごを使うと脳細胞が活性化される。
→歯の病気を予防する
歯ぐきやあごの骨が鍛えられると、分泌された唾液が虫歯や歯周病を予防する。
→がんを予防する
唾液に含まれる物質が発ガン物質の働きをおさえる。
ー→胃腸の働きをよくする
食べ物が消化しやすくなり、胃腸の負担が軽くなる。
→全身の体力向上、全力投球
瞬間的に力を出す時、奥歯をかみしめて力を発揮できる。

噛むことというのは、私達の生活や健康を維持するためにとても重要な事です。
1回1回の食事でよく噛むように意識し心がけると、それが習慣になります。
よく噛む習慣を身につけて、全身スッキリしましょう。
もちろん、そのためにはよい歯が必要ですので、きちんと歯を磨いて定期的に人形町の笠原歯科へご相談ください。。

2015-10-12 | Posted in デンタルニュースComments Closed