デンタルニュース

入れ歯のお手入れ

大事にメンテナンスをしていても、残念ながら歯を抜くことになってしまった方は少なからずいると思います。
けがにより歯を失ったり、虫歯が進行して助けられなくなったケース、歯自体が原因ではなく歯を支える歯ぐきの病気により歯を抜くことになったケースなど、原因は様々です。
大人の歯を失った場合、親知らず以外ではほとんどのケースでその空間をいずれかの方法で補わなくてはなりません。

そのままにしておくと両隣の歯が動いてきたり、かみ合せる相手の歯が伸びたりしてきて、かみ合わせに大きな変化をもたらしてしまうなどのトラブルを招いてしまいます。


そんなときに選べる方法としてはインプラント、ブリッジ、入れ歯などが考えられます。
どなたにどれが良いと一概には言えないものなので、かかりつけの先生と症例や生活習慣などをみて一番良い方法を決めていくのが良いといえます。

今回はもしも入れ歯を選ぶことになったら、または既に入れ歯を使っている方へ、どのようなお手入れをしていけば良いかお話ししてみます。

保険などで作られる一般的な入れ歯について説明します。

まず、入れ歯は大抵レジンという素材で作られています。ピンク色の土台に白い歯が植えられていて、かむ力を歯ぐきに伝えています。はずれにくいように両隣の歯に金属のバネを使って引っかけていることも多いでしょう。

入れ歯は食事の他、発語や顔の形を維持したりいろんな働きをしていますが、人工物なので天然歯とは異なった手入れが必要になります。

まず、毎食後流水下でしっかり汚れを落とします。専用ブラシを使うと良いでしょう。
変形してしまうこともあるので熱湯をかけるのはやめましょう。
夜、就寝時などは取り外したら専用ブラシで傷を付けずに洗い、専用の洗浄液にしっかり漬けます。
お口の中にはいろいろな菌がいてカンジダ菌や真菌が繁殖しやすいのです。
よくお口の中と同じようにハブラシと歯磨き粉で磨いているという人もいますが、細菌の繁殖を抑えるためには専用の洗浄液に浸すのが良いでしょう。
これを怠るとお口のにおいの原因になりますし、入れ歯に傷を作ると口臭が悪化したりすることもあります。
入れ歯は歯ぐきを休めるために外して就寝することを勧められるケースもありますし、残っている歯や組織をまもるためなどの目的でわざとはめたまま眠るよう勧められるケースもあり、人により様々です。
自己判断はせずに取り扱い方法もしっかりと歯科医師や歯科衛生士に相談しましょう。

人がものを噛む力は想像以上です。
入れ歯を噛みながらはめてみたり、バネを自分で曲げてみたりせず、付け心地がかわったり痛みを感じるときがあれば歯科医院に行きましょう。
調整を何度か重ねてるうちに、お口に合うようなじんでいくものです。

うまく手入れをしながら、ストレス無く装着できると良いですね。

2019-05-15 | Posted in デンタルニュースComments Closed